2008年12月11日

交渉が不調な場合の代替案を徹底して探し出せ

交渉が決裂した場合についても事前に考えておく必要がある。 合意に達しなかった場合どうするかを積極的に考えることは、交渉の立場を大いに強化する。 有望な不調時対策案を生み出すには、次の3つの作業が必要である 1.合意に達しなかった場合の一連の処置を一覧表にする。 2.見込みある案にさらに改良を加え、それを実際的な代替案にする 3.具体案をいくつか考え優良と思われる案を暫定的に選ぶ 交渉が決裂したときに、現実的な代替案の中でどれをとるのかを一応決めておく。このような努力を通して、不調時対策案が決まったら、相手からのあらゆる申し入れをこの案と比べて判断する。不調時対策案がよければ、それだけ合意の条件をよくすることができる。また交渉が決裂した場合を考えておけば、交渉にもっと自信をもって臨める。 交渉を中止にしてもよいという余裕があればあるほど、こちらの利害と、こちらがよいと思う基準とをそれだけ強く提示することができる。

都内出張アロママッサージを呼ぼう♪技術に定評があり美人が多い優良店
体重、たるみ、しみが気になりませんか?

痩せるためのテクニック方法

一週間ダイエット



posted by 戸田 at 15:54| Comment(0) | 話し方講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。