2008年12月11日

交渉前に友好関係を築けば交渉は成功する

交渉の相手を個人的に知っているということは、交渉の上では大変に助けになる。例えば、交渉の相手が旧友、友人である場合、友人の友人であるというだけで、見ず知らずの人間を相手にする場合とは、全く事情が違う。相手を早く自分の知人にしてしまえば、それだけで交渉がしやすくなる。相手がどういう人間か理解するのに苦労しなくてすむ。 そうした友好関係をつくりあげるのは、交渉が始まる前がよい。早く相手と知り合いになり、相手を研究する。交渉する前に、交渉相手となるべくうち解けるようにするようになればよいだろう。

あなたも若くなれる。アンチエイジング対策
アンチエイジング対策

体重、たるみ、しみが気になりませんか?


都内出張アロママッサージを呼ぼう♪技術に定評があり美人が多い優良店


posted by 戸田 at 15:40| Comment(0) | 話し方講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。