2008年12月11日

感情の爆発に対しては反撃するな

人はよく腹を立てたり、失望したり恐れたり、敵視したり、不満に思ったり、憤慨する。 また、傷つけられやすいエゴをもっている。自分に好都合な地点から物事を見ようとし、しばしば主観と現実とを混同する。 感情を爆発させて相手の感情的反撃を招くというのでは危険極まりない。自己抑制がなければ喧嘩になる。 もし、交渉相手が感情をぶつけてきたら、冷静になることを心がけよう。決して、感情的に反論をしないことである。お互いが冷静になって話を再開することが難しくなるからだ。 いったん話の腰を折り、休憩をとるとか、その日の交渉の意味や問題を再確認するしかない。 そのような場合には、相手の感情を発散させてあげる事が大切である。その後、理性的に話をすることができる。

 あなたも若くなれる。アンチエイジング対策
アンチエイジング対策

体重、たるみ、しみが気になりませんか?


都内出張アロママッサージを呼ぼう♪技術に定評があり美人が多い優良店


posted by 戸田 at 15:33| Comment(0) | 話し方講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。