2008年12月11日

結果はあくまでも客観的基準によることを強調する

 利益が真っ向からぶつかり合う場合は、交渉者はただ頑固に主張を押し通すことで自己に有利な結果を得られるかもしれない。その方法では非妥協的な者が得をし、不本意な結果が生じやすい。しかし、そういう交渉者に対しては、ああだこうだと口を動かすだけでは埒があかない。合意は、お互いのむきだしの意志に左右されるのではなく、なんらかの公平な基準を反映するものでなければならない。市場価格、専門家の意見、慣習、法律といった公平な基準によって結論を出すということである。このような基準を討議すれば、一方が他方に屈するということもなくてすみ、双方が公平な基準によった解決に従うことができる。 意志とは無関係な客観的基準にもとづき結果をだす。 合理的な意見には耳を傾け、脅しや圧力は無視する。

あなたも若くなれる。アンチエイジング対策
アンチエイジング対策

体重、たるみ、しみが気になりませんか?


都内出張アロママッサージを呼ぼう♪技術に定評があり美人が多い優良店


posted by 戸田 at 15:26| Comment(0) | 話し方講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。