2008年12月11日

まず相手の立場に立ち、その心情を盗み取れ

物事は、どこに立って見るかによって全く違って見える。人間には自分が見たい物だけを見る傾向がある。交渉についても同じである。常に相手の置かれている立場、状況を理解していく事も問題を解決させるためには必要である。 問題の状況を相手の立場に立って見るということは極めて難しいが、それをなしうる能力こそ会話をするうえで最も重要な資質である。 相手は自分とは違った目で物を見ているということを知るだけでは十分ではない。相手の見解を変えたいと望むならば、まず、相手が会話を理解し、その心情を感じ取り理解する必要がある。

あなたも若くなれる。アンチエイジング対策
アンチエイジング対策

体重、たるみ、しみが気になりませんか?


都内出張アロママッサージを呼ぼう♪技術に定評があり美人が多い優良店


posted by 戸田 at 13:14| Comment(0) | 話し方講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。